仕事を休んで、"私"に戻る

のんびり大人の旅。安達太良、岳温泉は忘れかけていた
"自分"に戻れる、そんな物語を作れる場所です。

毎日がう忙しいあなたに、癒やしのご褒美

  • Image Thumbnail

    身体を癒やす、岳温泉

    耳が痛いくらい静かで、色彩豊かな景色を眺めながら湯に浸かる。それだけで日々の疲れから開放され、自分だけの時間を贅沢に堪能できる。それが安達太良の温泉。

  • Video Thumbnail

    病を癒やす

    故人曰く、戦傷は湯治こそが一番、と。戦国の武将でさえ傷を癒やした湯が、現代のサムライたちを癒せないはずがない。

  • Image Thumbnail

    からだの内側から美しく

    女性なら言うまでもなく。肌はもちろん、からだの内側側もしっかり綺麗に美しく保ちたい。そんな女性のための食事、エステ、山ヨガなどと大人の女性のためのプランも。

詳細をみる
    • Video Thumbnail
  • 鋭気を養う場所、岳温泉

    君は知っていたか? ADATARAに世界からも注目される、ドリフトのメッカ、エビスサーキットがあることを。

    詳細をみる

安達太良(あだたら)の歴史

History of Adatara

 古記録によると『日本三代実録』の貞観5年(863)10月20日の条に「小結温泉に従五位を授ける」、また『日本紀略』の寛平9年(897)9月7日の条に「小結温泉に正五位下を授ける」と記されており、この温泉こそが"岳温泉"を指していた。 その後、名称は"湯日"、"十文字"、"深堀"、そして"岳"と変わっていくが、その長い歴史には土砂崩れや火災に遭遇し、その都度場所を移し,姿を変えてきた苦渋の足跡があった。
  • 1.湯日(元岳)温泉時代<~文政7年(1824)>

    鉄山直下の湧泉地に営まれていた小規模な湯小屋が丹羽二本松藩時代に温泉街として整備され、番所や藩公の御殿も配置された。江戸中期には湯女(ゆな)も許可され一時は100人にも達し、歓楽適温泉場として遠くは水戸などからも来湯客で賑わったという。

     文政7年8月15日、連日の雨と台風が直撃した影響で、夜五ツ過ぎ(午後8時過ぎ)に鉄山の一角が崩壊、土石流が一瞬にして温泉街を飲み込んだ。
     長い歴史を誇った”湯日(元岳)温泉”は山津波によって一瞬にして崩壊、埋没したのである。

  • Subscribe

     藩は元岳温泉から6キロ程下の平原地(現在の不動平)に新温泉地を建設に着手した。

    高台に藩公御殿や温泉神社が鎮座し、下方には4区画の町並み、旅館は総て2階造り。「陸奥の岳温泉」の名で東北地方第1位にあたる東前頭2枚目に位置づけされ、全国に知られた温泉でもあった。

     しかしその繁栄も長くは続かず慶応4年(明治元年)の戊辰戦争において敵西軍の拠点になることを恐れた二本松藩士によって焼き払われてしまった。

その他の楽しみ方、イベント情報

Create your own visual style

  • Video Thumbnail

    Inspiration

    サンプルサンプルサンプル

  • Image Thumbnail

    Creativity

    サンプルサンプルサンプルサンプル

  • Image Thumbnail

    Sight seeing

    There is no such thing as simple. Simple is hard.

  • Image Thumbnail

    Photography

    サンプルサンプルサンプルサンプル

安達太良高原 岳温泉

メディアの方、その他 観光協会へのお問い合わせはこちら